FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続放棄のご相談②放棄すると次の相続人は

昨日に引き続き、放棄のお話。

例えば、お父さんが亡くなり、相続人はお母さんと息子だったとします。
お父さんは借金をたくさん残していたため、お母さんと息子は放棄することにしました。

この場合、お父さんの財産・借金はどうなるの?
お父さんの親(おじいさん、おばあさん)が生きている場合は親が相続人になります。
親(その親、その親の親・・・)が亡くなっている場合、
お父さんに兄弟が居れば兄弟が相続人になります。

では、息子に子供がいる場合、その子供が相続人(代襲相続)になるかと言うと、
それはなりません。放棄をすると、相続人の地位自体がなくなるので、
代襲相続も発生しません。

じゃあ、兄弟が相続人になってしまった場合、
兄弟のうち、お父さんより先に亡くなっている兄弟が居たら。
そして、その亡くなった兄弟に子供が居たら。
その子供が相続人になります。

こんな具合に、放棄をしたら次は誰が相続人になるのかを調べるのは
ちょっと難しいですね。
もし借金があるから放棄するということを考えるのであれば、
放棄したら次は誰が借金を背負うことになるのか、
きちんと調べてみてからにしましょう。
そして、次に相続人になる人にも相続放棄の届出をしてもらって、
さらにその次に相続人になる人にも放棄してもらって、
ということができるかどうか、全く疎遠になっている親族に
思わぬ借金を背負わせることにならないかどうか、
良く調べる必要があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保美穂子

Author:久保美穂子
東京都行政書士会千代田支部 愛犬おはなと暮らしています。おはなが当事務所の所長です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

育てています
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。