FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続放棄のご相談③限定承認という方法もある

プラスもマイナスも、一切の財産を放棄する「相続放棄」に対して、
プラスの範囲内でマイナスも相続する「限定承認」という方法もあります。

借金がいくらあるのかわからないとか、
手放したくない財産があるときとか、
他の親族に迷惑をかけたくないときなどは、
限定承認を選択するのも手です。
この限定承認も家庭裁判所に届出(申立)なければなりません。

限定承認すると、
例えばプラスの相続財産が1,000万円あったとして、
借金を調べてみたら、2,000万円あった場合、
1,000万円は借金を返すけど、残りの1,000万円は知りません、
って言えます。

この限定承認、色々面倒なことがありまして、
しかも行政書士の業務外のことがでてきます。
なので詳しく書くことができません。
無責任な終わり方ですみません。
こんなこともあるのね、ぐらいの感じで知っておいて頂ければ。

限定承認を検討される場合は弁護士さんにご相談下さいませ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保美穂子

Author:久保美穂子
東京都行政書士会千代田支部 愛犬おはなと暮らしています。おはなが当事務所の所長です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

育てています
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。